ニュース

PB160068m2

研究用の幹細胞抽出培養シートを発売

オルソリバースは幹細胞を抽出・培養するための細胞培養シートを研究機関向けに販売します。この細胞培養シートは沖縄県の助成金を受けて琉球大学との共同で開発したもので、当社の人工骨充填材レボシス(ReBOSSIS)を生んだナノファイバー製造技術をもとにした生体吸収性ポリマーを主成分とする繊維状物がベースです。本シートを用いることで、容易に且つ低コストで幹細胞を抽出・培養することができるうえに、生体吸収性の3次元組織再生足場材としても機能します。
今回製品化された幹細胞抽出培養シートはすでに述べたとおり研究用ですが、当社は再生医療を進化させるにはきわめて重要な幹細胞を抽出培養する技術を今後もさらに磨いていく計画です。将来的には、骨の大欠損部の治療、中枢神経麻痺の治療、乳房の再建、臓器の再生といった再生医療のお役に立てるよう、さらに研究を進めてまいります。
当社にとってレボシス、レボシスQDSに次ぐ製品となる「幹細胞抽出培養シート」(直径23mm、厚さ0.2mmのシート×10枚セット)の販売は、バイオ専門業者のフナコシ株式会社(東京都文京区)が12月20日から行います。

製品の購入申し込みはこちら

カテゴリ:ニュース

カテゴリ

ReBOSSISは米国FDAの認可を取得済みですが、薬事法未承認のため、日本国内での販売・譲渡はできません。