ReBOSSISとは?

  • >
  • ReBOSSISとは?

製品化までの流れ

2011年から研究をスタート

ReBOSSISの基礎技術は名古屋工業大学の春日敏宏教授率いる研究グループによって開発されました。研究がスタートしたのは2011年、当初は歯科医療におけるインプラント対応の人工骨として考案されました。
成分はReBOSSISと同じポリ乳酸、カルシウム塩、ケイ素ですが不織布状のもので、その後、繊維状のものが開発されました。ポリ乳酸、カルシウム塩、ケイ素を混ぜた溶液をエレクトロスピニング製法により繊維状にしたものですが、ReBOSSISのようなマイクロメーター単位のきわめて細い繊維の綿形状にするまでには、試行錯誤を繰り返しています。繊維の太さをどれくらいにするのか、骨芽細胞を活性化させるための適正な太さを求めるまで時間を要しました。

この名工大の技術を受け継いだORTHOREBIRTHが、さらに改良を重ねて現在のReBOSSISを完成させました。2014年8月に米国FDAに認可申請を行い、同年10月には米国FDA510(k)クリアランスを取得。2015年4月から米国での販売を開始しました。

動物実験

ReBOSSISを製品化するにあたり、これまで国内および海外で多くの動物実験を実施してきました。画像はオーストラリアのニューサウスウェルズ大学の協力のもと行った動物実験の結果を示しています。ウサギの大腿骨に直径6ミリ、深さ10ミリの孔をあけ、そこにReBOSSISを埋植したものです。ReBOSSISとBMAの混合比率は1:1です。画像は12週経過後のものですが、すでに新しい骨芽細胞が育っています。

Histologic data of Biological concept for ReBOSSIS(PDFファイル) >