ニュース

セラダプティブ社とBMP製剤の実用化に向けた共同開発

オルソリバースは米国のセラダプティブ(Theradaptive Inc.)とBMP製剤の実用化に向けた共同開発を進めています。これはセラダプティブの手がけた特殊なタンパク質の技術とオルソリバースの綿形状人工骨充填材の技術を融合させることにより、骨の再生を促進する新しい複合材料を作り出そうというものです。これまで以上により大きな骨欠損部での治療に対応できる可能性があります。研究段階では上々の結果を得ており、現在は動物実験を行っているところです。

セラダプティブは米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者たちにより2014年に設立された医療機器メーカーです。骨充填材をはじめとして軟骨や末梢神経の再生などさまざまな研究開発を積極的に行っており、一部の研究テーマに関しては、その価値を認められて国からの支援を受けています。オルソリバースはこのセラダプティブとの共同開発を推進させるとともに、再生医療分野における研究をさらに加速させていきます。

*10月8日付の日本経済新聞にオルソリバースとセラダプティブ社との共同開発に関する記事が掲載されました。

カテゴリ:ニュース

カテゴリ

ReBOSSISは米国FDAの認可を取得済みですが、薬事法未承認のため、日本国内での販売・譲渡はできません。