ReBOSSISとは?

  • >
  • ReBOSSISとは?

主な特長

  • 綿形状である
  • 優れたハンドリング性
  • 高い吸水性
  • 吸収置換性

綿みたいな人工骨充填材

ReBOSSIS(レボシス)は綿のような形状の人工骨充填材です。米国、台湾、インドなど海外向け製品を『ReBOSSIS®︎』、日本市場用製品を『レボシス-J®︎』と名づけました。
ReBOSSISもレボシス-Jも主成分はβ-TCPと生体吸収性ポリマーです。基本的には同じものですが、レボシス-Jは日本市場向けに改良を加えています。
綿形状ですからブロック状の人工骨のように、骨の欠損部分のサイズに合わせて加工する必要もなく、また、充塡部からこぼれ落ちる可能性のある顆粒状人工骨に較べても扱いがとても容易です。このハンドリングのよさが、既存の人工骨との大きな違いです。
ReBOSSISは、どの部位でもどのような大きさの欠損部であっても、短時間で確実に充填できるのです。そのうえ収まりがよく脱落も起きず、治癒後には充填した人工骨全体が自身の骨と置き換わります。
製品の販売は、米国市場向けの『ReBOSSIS®︎』をKYOCERA Medical Technologies, Inc.が、日本市場向けの『レボシス-J®︎』はKiSCO株式会社が担当します。

ReBOSSIS-J ReBOSSIS
製造販売承認書