研究開発

治験結果報告会を開催

日本向け骨充填材、レボシス-Jが国内での製造販売承認を取得したのは既報のとおりですが、レボシス-J(開発コード ORB-03)の治験結果報告会が4月10日、当社で開かれました。Web会議システムを介しての参加者は約30名。臨床試験でご尽力いただいた医師をはじめ、レボシス-Jを販売するKiSCO株式会社の関係者および当社社員がその顔ぶれです。
 まず当社西川社長の挨拶で始まり、当社の治験責任者である山田事業本部長による結果報告ののち、 総合病院国保旭中央病院医師の渡慶次宗一郎先生が症例解説、そして千葉大学大学院医学研究院整形外科学教授の大鳥精司先生の挨拶で幕を閉じました。症例解説の場では積極的な質疑応答があり、レボシス-Jの注目度と整形外科分野での大きな可能性を感じさせる報告会となりました。

カテゴリ:ニュース,研究開発

カテゴリ

ReBOSSISは米国FDAの認可を取得済みですが、薬事法未承認のため、日本国内での販売・譲渡はできません。